環境リサイクル事業

「モッタイナイ」を大切に…。

最近、海 外でよく使われるようになった日本語のひとつに「モッタイナイ」が挙げられます。
この言葉には、物や資源を粗末にしてならない大切さが込められています。建設業界では、自然条件やコスト、工期厳守という時間的な制約など、厳しい条件の中で日々格闘をする中で、与えられた資源を無駄なく有効に利用することが求められています。
当社では建設現場で発生する資源をうまく有効活用してきた実績を通して、様々なリサイクル事業を展開しております。これからも「モッタイナイ」というを言葉を大切に、資源循環型建設業として、我々が活躍する足柄の地域から有効な資源の活用を図り、社会への貢献、自然環境への配慮を続けていきます。では、当社の資源循環型企業としての活動の一部をご紹介いたします。

ガラパゴスシリーズの活用。
コマツの環境リサイクル機械、ガラパゴスシリーズを工事現場内で活用。

第二東名高速道路・清水第四トンネルでは、トンネルの岩盤を掘削して、その岩石を破砕するために自走式の岩石破砕機を活用し道路の路盤に再利用できる砕石を生産しています。
また横須賀市に建設中の神奈川県産業廃棄物最終処分場では、自走式の木材破砕機を活用し、現場内で伐採した木材をそのまま現地で破砕し、チップ化しました。さらにそのチップ材を炭や堆肥に再生し、現場内の法面に再利用するなど多角的なリサイクルを進めています。

自社開発のリサイクル機械の活用。

現場で土砂や木材を決められた大きさにふるったり、付着したゴミや泥を落とすために開発したのが、自走式ふるい機です。
従来、現場内でふるい作業を行う場合、固定式の機械を平坦な場所で精密に設置しなければなりませんでした。しかしこの機械の開発によって、現場の中でならどこでも作業ができることにより、設置する手間がなく、しかも他の作業に支障を与えず、多少地盤の悪い場所でも作業がかのうとなりました。
最近では、丹沢湖の流芥(流木の木くず)のふるい分け作業や、工事現場内で発生した産廃混じりの土砂のふるい分けに活躍しています。

大井木材リサイクルセンターの開設。

平成18年7月、大井町柳地区にて木材の中間処理施設「大井木材リサイクルセンター」を開設いたしました。
足柄上地区を中心に県西地域から発生する伐採や剪定した木材をこのリサイクルセンターで破砕し、チップ化した後、炭や堆肥などに再利用します。
当施設では、産業廃棄物、一般廃棄物を問わず生木であればチップ化することができますので、幅広く木くずを取り扱うことが可能です。
さらに周辺環境への配慮し、破砕処理施設を建屋の中に建設することにより、騒音や振動、そして木くずの破砕による粉塵を抑えた設計を行っております。
山の木を伐採してチップに加工し、それをまた自然に返して使う。この循環作業を行うことで、環境への負荷も少しは軽減できると思います。他社ではなかなかここまで事業化しているところはないので、おかげさまで忙しくしています。
環境事業部次長 大井木材リサイクルセンター長
浅田 敏敬

<大井木材リサイクルセンターの概要>

【処分場・施設許可】
 ◎産業廃棄物
  処分業許可 1424048182
  処理施設許可 上セ30091号
 ◎一般廃棄物
  大井町 大井町指令第5号
  中井町 中防第49号
【木材リサイクル認定施設登録】
 神奈川県 建設発生木材等再資源化指定事業者登録 第22号
【取扱品目】
 木くず(産業・一般廃棄物)分類 → ①枝・葉 ②幹 ③草 ④根 ⑤竹
 ※解体材は取扱いたしておりません。
【保管概要】
 ◎破砕処理棟内 保管面積 100㎡ 最大保管容量 200㎥
 ◎屋外チップ材ストックヤード 保管面積 331㎡ 最大保管容量 735㎥
【一般廃棄物取扱地域】
 足柄上郡(大井町・中井町・松田町・開成町・山北町)、南足柄市、
 小田原市、平塚市、秦野市、伊勢原市、中郡(二宮町・大磯町)、
 足柄下郡(箱根町、真鶴町、湯河原町)

<大井町WRC4つのOK!>

軽量完備!マニュフェスト発行OK!
搬入した木くずは、50tまで対応する重量計で計測後、伝票を発行。
産業廃棄物の場合は連動してマニュフェストが発行できます。
また2008年3月より神奈川県発注の公共工事から発生した木くずも受け入れ可能。再資源化指定施設として証明もできます。

 

屋内作業で雨でも受入OK!
高さ最大10mの屋内ストックヤード・破砕処理棟のため、雨天でも受入可能。
集塵機を完備した屋内での破砕処理を備え、粉じんや騒音を低減し、静かでクリーンなチップ化を実現しています。

 

収集運搬車輌で引取もOK!
4tアームロール車、5tアームロール車、10tユニック車など収集運搬車輌もスタンバイ。ご要望により現場まで木くずを引取に伺います。さらに伐採工事も請け負っていおります。
産業廃棄物収集運搬許可も取得していますので、県内全域で引取可能です。

 

用途に応じたチップの生産もOK!
 持ち込まれた木くずをチップ化し現場での再利用にも対応します。
また用途に応じてチップ材の粒径を変えたり、ふるい機を利用してダスト分を除去したり、サイズの大きいチップや異物を除去することも可能です。チップ材の有効な活用方法もご相談に乗ります。

<大井木材リサイクルセンター案内図>